FC2ブログ

またまた、研修会。

DSCF3167_convert_20130130193753.jpg
一昨日、今度は愛知県の北部、豊根村に行って来ました~!
豊根村は梅ヶ島と同じような地域にあるため
多少の雪は気になりませんが流石、茶臼山スキー場がすぐに控えているだけに
道路の隅の雪の量はかなり多かったです。
こちらの村とはカズームラ(トヨタ系列のコムニュティーサイトかな?)で
交流があり、昨年は豊根村から数名の方が当館にご宿泊いただきました。

今回はトヨタ主催で今後の活動計画などの説明と研修会が行われました。
梅ヶ島からは私を含め6人のブロガーが参加し、また長野の飯田市千代村からも
数名、お越しになり、研修会そして懇親会と交流を深めてきました。

地図をご覧になればわかると思いますが、豊根村も千代村も山間地域にあり
直線距離ならとっても近いところにあります。(実際は山があるので無理ですけど)
また同じ山の村の何かほっとするような空気間が豊根でも感じました。

今回は宿泊できず日帰りで朝から夜までとハードスケジュールになってしまいましたが
次回は芝桜の咲くころにお邪魔したいと豊根の皆さんとお約束してきました。
皆さん、お世話になりありがとうございました。

スポンサーサイト

京都研修に行ってきました!

先週、静岡英和女学院主催「食でリフレッシュ!IN 梅ヶ島」
ということで一泊2日の京都研修に参加してきました!
参加者は農家に従事している奥様達、そして観光業の奥様達など。
そして英和の学生さんと引率の先生方。
京都の食を通じて梅ヶ島の食を見直そうと言うことでしょうか?

DSCF3095_convert_20130126155324.jpg
まず、こちらは1日目のお昼の京野菜にこだわった
中華のマダム紅蘭さんのメニューの一つをご紹介。
堀川ごぼうを使ったきんぴら、だそうです。
高級食材なので手が出ませんが濃いめな味付けでおいしかったです。

DSCF3120_convert_20130126155514.jpg
研修会?ですので学生さんたちが静岡の食材にこだわった
メニューの報告会の様子です。
エビ芋、しいたけ、シラス、茶、ミカンなどどれも工夫がなされていて
感心しました。
梅ヶ島の皆さんからもアドバイスや質問が活発になされ、有意義な時間でした。
特に私はレタスを使ったパンが面白いと思いました。

DSCF3124_convert_20130126155618.jpg
2日目にお邪魔したのは、国の登録有形文化財になっている「近又」さんです。

DSCF3153_convert_20130126155726.jpg
こちらではその日にいただく献立の料理の講習会を行った後
会場を趣のあるお部屋で同じものをいただきました。
静岡の食材を使った献立をこの日のためにご主人が考えていただいたそうで
なんと贅沢なお料理をいただきました。
どのお料理も作り方を見ているだけに素材の選び方から
下ごしらえなど、どれも手間のかかった様子を見ているだけに
なおさらおいしかったです。
またご主人のお人柄が感じられ、お話も楽しく拝聴しました。

主人は昨年、梅ヶ島で「近又」さんの料理教室が開催された時
ユーモアのあるお話を聞いているので本当はいきたかったようですが
私の土産話に「近又」さんに行けず残念がっていました。

「近又」のご主人の日本料理に対する思い入れが素材選びから、だし、包丁さばきなど
さまざまなところで感じられ、思い知らされた研修でした。

でも、食、食、食とどこへ行ってもおいしいものを堪能してきました!!








世界中の方々に愛されている梅ヶ島温泉!

DSCF2386_convert_20111025211359.jpg
ちょっと「タイトル」が大げさですが、昨年秋から今年の冬にかけて
海外の方のご宿泊が何組かありました。
と言っても流暢な日本語で会話は全く問題なし。
皆さん、日本の生活が永く、日本人以上に温泉通になり
海外で暮らしている今でも日本に帰省した時はやっぱり温泉!
何だそうです。
「うれしいですね~」
梅ヶ島温泉は初めてという海外の方もとっても気に入っていただきました。
「帰ったら友人にも薦めておきます!」
とおっしゃっていただきました。
でもちょっと遠いかな~。
そんな中、昨年秋にご宿泊のご夫婦は全く日本語が通じないお客様でした。
御紹介者に一通りの館内の説明をしていただいたのですが
食事のときは私が単語とゼスチャーで何とか切り抜けましたが苦戦しました!
最初はご夫妻も不安げな様子でしたがお帰りになるときは
笑顔で温泉も気に入ってくれたようでした。

どちらのお国の方ともそれぞれの国のお話が伺えて、私にとっても楽しいひと時でした!

県立美術館でインカ帝国展

DVC00001_20130115185903.jpg
先日、主人とデート?
ではなく県立美術館で開催されているインカ帝国展を見に行ってきました!

普段あまり気の合わない二人ですが世界遺産となる数少ない共通の話題。
今回、ぜひ行きたいと行ったのは主人。
平日でしたが駐車場は満車。
会場の中も大変混雑していました。
「マチュピチュ」ってこんなに関心が高いんだってびっくりしました!
特に600年前のミイラがきれいにそのまま残っていて
圧倒されます。
600年前ですよ!
また乗り物のない時代に日本でいうところの飛脚のような人たちが
山道を文字の代わりになるロープのような物を携えて運んだんだそうです。
皆さん、熱心にご覧になっていました。
最後に3D映像でマチュピチュ遺跡を空中から眺めさせてくれます。
見学するとやっぱり本物が見たい!と誰もが思うはず。(主催者側の狙いでしょうか?)
いつかは?やっぱり無理?

ところで明日16日は梅ヶ島「宝月院」にて恒例の数珠回しが行われます。
大きな数珠を本堂で老若男女が輪になりお経を唱えながら
回していくんだそうです。
私は参加したことがありませんが本堂でこの数珠を見たことがあります。
大きな数珠と数珠の間に隙間がないのですが回していくうち摩擦で
かなり緩むんで隙間ができるそうです。
手も熱くなるそうです。
昔からの梅ヶ島の行事の一つです。








安倍峠からの富士

IMG_7843_convert_20130110214311.jpg
安倍峠からの冬の富士山はなかなかご覧いただけません。
が、昨日お越しのお客様が安倍峠までお出掛けになり、
見事な富士山の雄姿を写真におさめてこられました。
とは言っても、この冬場は片道、楽に2時間、てことは往復4時間!
の道のりには雪があり、そりゃー大変ですので
お薦めはできません。

それにしても私は労なくして紅葉の時と言い、
今回もお客様に素晴らしい景色の写真をいただいてしまいました!
ありがとうございました!

達磨の開眼

DSCF3092_convert_20130107194639.jpg
去年の年末からお正月の5日まで数日間、
ご常連のお客様また初めてのお客様にご愛顧いただきました。
誠にありがとうございました!
このお正月に一度しかお会いしないお客様もいらっしゃいますが
なぜかそんな気がしないのが不思議です。
また来年の御予約をいただいたお客様もいらっしゃいます。
(25年が始まったばかりなのにもう来年?)
有難いことです。

息子たちも29日の朝の雪掻きから手伝いをしてもらいました。
調理補助(山女の腹だし、エビの皮むきなど)・配膳・皿洗い・布団引きそして接客。
知らず知らずのうちに父の後姿を見て覚えた仕事は財産かもしれません。
結構助かりました!
終盤は息子K君、「有給がほしい」と言っていましたが聞き流しました。

主人は達磨の開眼に何の願いをしたのでしょうか?





2013年 謹賀新年

DSCF3082_convert_20130104212934.jpg
新年 明けましておめでとうございます!

本年もお引き立てのほどよろしくお願いいたします。

                          平成25年 元旦